流行りのパンケーキ

カフェで頂くパンケーキ

自宅では食べられないこだわりのパンケーキ

時々、食べたくなるのがカフェで頂くパンケーキです。
程よい焼き加減でありながらも、フォークとナイフを入れて口へ運ぶともちっとふわっとした甘くておいしい食感を味わうことができます。
生地だけではなく、トッピングにも各お店においてこだわりがあります。
ハワイ系を意識したマカダミアナッツのソースや大量のホイップクリームを乗せているタイプや季節のフルーツがふんだんに使われているタイプなど多種多様です。
自宅で再現してみようとすると、焼き加減やトッピングなどにもこだわらないといけないので、本当に美味しいパンケーキを食べたい場合はカフェへ出かけるのが一番です。
またオーガニックの小麦粉などの材料にこだわりを持つお店もありますので、甘いものを食べたいけれども、健康のために制限している人は、オーガニック系のお店で安心して食べてもらうことができます。

SNSで自慢できるパンケーキ

SNSをしている女の子は、どれくらいイイネを頂けるのか必死に日々SNSのネタを探しています。
イマドキの女の子がイイネを押しやすいネタとしては、グルメ情報です。
時にイイネが押されるのが、行列ができる人気カフェのパンケーキです。
本場ハワイから上陸したタイプや、有名人が経営しているお店に、他のお店とは一味違ったタイプのお店などが支持を集めています。
実際に休日なら二時間以上行列を作ることも多いので、出かける時は気合を入れて店へ向かわないといけないです。
行列の先には、SNSで思い切り自慢できるメニューと出会い、心置きなく堪能できます。
また次から次へと新しいお店が開店するので、開店したてのお店のケーキなどをSNSに取り上げてみると一気にイイネを頂けそうです。

老舗の味をめぐってみよう

若者が集まるカフェのパンケーキも美味しいですが、昭和レトロなパンケーキを求めに老舗喫茶店へ出かけると、また新しい味を追求できます。
老舗喫茶店で提供されるタイプは、長年使われている銅板で焼かれている素朴なタイプです。
熱々のほんのりと甘い生地にたっぷりの蜂蜜またはメープルシロップをかけ、正方形にカットされたバターを乗せると甘くて懐かしい香りが一気に鼻腔を突き抜けていきます。
煎れたての珈琲と一緒に頂くと、さらに甘さを引き立てることができます。
行列ができるカフェで頂くのもいいですが、数十年間焼き続けた銅板で美味しく焼き上げたものをたべると、その店の歴史を感じることができます。
静かな音楽とレトロな雰囲気の中で、ゆっくりと味わってみるのも楽しいです。

コメントする