マフィンでいつもと違った朝を

カフェの人気メニューマフィンとは

マフィンはアメリカの焼き菓子

カフェのモーニングメニューとして人気があるのがマフィンという焼き菓子です。
この焼き菓子はアメリカで生まれたお菓子です。
イギリス式のイングリッシュマフィンもありますが、こちらはお食事用として焼かれたパン状のもので、酵母で発酵した丸い生地の表面にコーンミールをまぶして焼いていきます。
間にレタスなどの野菜やベーコンやソーセージなどの肉類を挟んでいただきます。
一般にこの食べ物はアメリカの焼き菓子の方を指す場合がほとんどでしょう。

マフィンとカップケーキの違いとは

カフェのモーニングメニューとしてよく提供されるのがマフィンですが、カップケーキはあまり提供されることはありません。
ところで両者の違いはいったい何でしょうか?
マフィンは食事として頂くのが多いのに対し、カップケーキの場合は、特別な時にだけいただくのが多いようです。
カップケーキの場合だと、上にバタークリープやホイップクリーム、フルーツなどを飾り、ケーキとして頂くことも多いのが特徴で、生地も柔らかいスポンジ生地で出来ている場合がほとんどでしょう。
またカップケーキはデコレーションケーキに比べると手軽に頂くことが出来るため、立食パーティーのケーキとして提供される機会も多くあります。

マフィンは中の具のバリエーションが豊富にあります

バターと卵、ベーキングパウダーと小麦粉を混ぜ合わせただけのシンプルなものから、チョコチップやドライフルーツなどを混ぜ込んだものから、色々な種類がこのお菓子にはあります。
また中には、ベーコンやハム、野菜などを刻んで入れたお食事系のものまでありますので、お食事として、パンの一種として頂くこともあります。
粉を混ぜて簡単に焼くことが出来るため、クイックブレッドという名前で呼ばれることもあります。
セルフサービス式のカフェにもマフィンは色々な種類のものが置いてありますので、自分の好みのものを選んでみると良いでしょう。
甘いものが食べたい時には、ジャムやフルーツ、チョコレートチップなどが入っているものを選ぶとよいでしょう。
甘いものが逃げてだという方は、ベーコンやホウレンソウ、チーズなどが入ったものを選ぶと美味しくいただけます。
朝、起きたばかりの時は、あまり朝食を食べたくない気分の時もあるでしょう。
そんな時には、口当たりのよいこの焼き菓子がお勧めです。
揃える材料も、少ないので、家庭でも簡単に焼くことが出来ます。
モーニング以外にも、おやつや夜食として頂くことが出来ますし、冷凍保存もすることが出来ます。
冷凍庫にストックし、自然解凍後、オーブンで温め直せば、焼き立ての状態で美味しくいただけるでしょう。

コメントする